リベロ神父説教集 -カトリック信仰への招き-

 エンリケ・リベロ神父さまは、永い間、四日市カトリック教会(三重県四日市市)の主任司祭を務められ、2000年5月に72歳で帰天されました。
 1989年10月5日、初めて神父さまにお会いし、3年後の1992年11月22日、45歳のときに、神父さまから洗礼を受けました。
「あなたは信者でしょうが、立派な信者とは言えませんね」という神父さまの言葉が聞こえてきそうです。
 こんな信者ですが、神父さまを敬愛する気持ちは変わりません。
 リベロ神父さまの説教は含蓄があります。私の駄文はべつとして、神父さまの説教をぜひ皆さまに読んでいただきたい、そんな思いで掲載しています。

Maria

「また、天に大きなしるしが現れた。
一人の女が身に太陽をまとい、月を足の下にし、
頭には十二の星の冠をかぶっていた。」
(黙示録12:1)




「すべて労する者・重荷を負う者、
われに来たれ、
われ汝らを休ません。
我は柔和にして心ひくければ、
わがくびきを負いてわれに学べ、
さらばたましい(霊魂)にやすみ(休息)を得ん。
わがくびきは易く、
わが荷は軽ければなり。」
(マタイ11:28-30)



―「リベロ神父説教集」について―
 平成20年5月2日、私が持っているかぎりの説教資料を、すべて掲載することができました。
 全部で476話あります。
 少しは神父さまにお喜びいただけるのではないかと、勝手に想像しております。